それでもやっぱりハマが好き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【横浜】決して高くないセカンド争い、それだけに期待は全員に

 
 ■それぞれキャラクターが違う選手たち

 石川 AVG.259 OBP.306 SLG.297 OPS.603
 宮崎 AVG.289 OBP.331 SLG.362 OPS.693
 山下 AVG.238 OBP.238 SLG.286 OPS.524
 内村 AVG.179 OBP.220 SLG.179 OPS.399


 二塁手は、時として内野連携の要として扱われるように、細かな状況に応じて守備シフトを牽引できるか、併殺プレーでの身体の流し方をスムーズに行えるかなど、野球という競技を如何に知り尽くしているかを高いレベルで求められるポジションです。とりわけ併殺プレーは二塁手の能力に極めて強く依存する故、ここが安定するとダイヤモンドの安定感がグッと増します。
 その上で二塁手に欲せられる重要なファクターは、“どれだけ後ろで守ることができるか”だと思います。守備ポジションを後ろに構えれば、自然と左右の深い打球に追い付くケースも増えますし、反面、深い位置からでもバッターランナーを殺すためにはそれに応じた肩の強さ(+送球モーションの速さ)が求められます。MLBやNPBで共通して見られる、生粋のセカンドよりもショートからのコンバート組が成功しやすい現象も、前者よりも後者のほうが肩ならびにフィジカル面が優れているケースが多いことがその一因になっています。
 
 ラミレスが、現役時代にバッティングフォームを指導し、理想的な一番打者として見事なフルモデルチェンジを遂げた石川は、去年から抱えていた肘のトラブルを手術で取り除いてのリスタートに臨みます。
 今年は肘の影響がプレーで及んだのか、――もともとそこまで高くなかったとはいえ――、守備ポジションが前がかりになっていたり、併殺プレーなどの上体のみで送球する場面で送球の勢いを極端に失ったりと、ディフェンス面での数値がとにかく悪い数字を記録してしまいました。キャンプ前の段階で怪我の問題はクローズアップされており、オフシーズンに手術を行わなかったことは間違いなく彼やフロント陣のミスです。開幕してから継続して痛み止めを打ち続けた代償は小さくなく、痛みをそれなりに抑えられていた頃はバッティングも好調だったものの、結局、薬の効果もあくまで一時的なその場しのぎにしかなりません。
 現在のベイスターズには、石川以外に1番を任せられる選手がおらず、彼の再生、そして更なる成長が求められます。ラミレスが石川の目の届かない位置に行ってしまった途端に、早打ちを強く要求される中畑野球に染まってしまった印象を受けましたが、じっくりとストライクカウントを使っていくことを明言しているラミレス野球の下で、2012-2013の石川が戻ってきてくれることを切に願っております。それでも守備能力が高くない選手ですので、山下の台頭次第では右翼手起用も増えていくかもしれません。
 入団以来評価されてきた打撃をようやく一軍レベルで見せることができた宮崎は、山下、石川、内村らライバルとは異なるキャラクターを武器にポジション争いに挑みます。チームがどん底に陥っていた交流戦に一軍昇格した時は、数字こそは残せなかったものの、チームが抱える暗澹たる雰囲気に飲み込まれながらもフルスイングを貫き通した姿は立派でした。再度の昇格となった7月からの後半戦は、チームの主役のひとりだったと思います。驚異的なスイングスピードは紛れもないストロングポイントで、絶対に振り遅れることがないという自信と、一軍投手レベルのボールの見極めにも慣れてきた9月は小器用なバットコントロールを見せてくれました。単打が多かった9月を疑問視する声も少なからずありましたが、チェンジ・オブ・ペースにしっかりと対応できていたことを高く評価したいです。
 課題のディフェンス能力は、今季はUZRは悪くなく、ただしセカンドベースへの入り方や送球のもたつきなどが目立ち、ラミレスが彼を来年もセカンドの頭数に入れているかは微妙なところです。私の予想だと、三塁手としてロマックの控えになるのではないかなと。
 ルーキーながらに確かなハンドリング技術と、捕球体勢に左右されない体幹の良さを持っていたのが山下です。オープン戦はともかく、シーズンの守備機会が少ないのであまり強くは言えませんが、打球への動き出しが良く、新人選手で守備能力の完成度の高さに驚かされたのは藤田以来です。送球モーションも藤田とよく似ていますね。二塁手として扱うのであれば肩も充分強いです。
 ラミレスもさっそく山下のディフェンス能力の高さには目を奪われており、課題のバッティングさえ一定の数字を残せるようになれば問題なくスタメンに名を連ねられるでしょう。今オフは、足を大きく上げてタイミングを取っていくフォームへの改造に取り組み、派遣されたWLリーグでは広角へコンスタントに打ち返していました。落ちるボールへの対応力も悪くなく、あとはNPBの一軍投手との経験値を積んでいくだけです。
 オフにショートへの挑戦を宣言した内村は、やはり常にベンチに置いておきたい選手のひとりです。
 久々の一軍グラウンドを踏み、便利屋として生き残る道をようやく決断したのかもしれませんが、二塁手を任せた時の頭の良さは言うまでもなく、水準レベルですら二塁を守ることができる選手が少ないベイスターズで、内村が代走守備要員として定着できるかは個人的な見所です。守備時の心構えや動き出しの良さ、そしてハンドリング技術の高さなど山下の良い見本になれる選手ですね。

                         


 春キャンプが楽しみですね。

FC2ブログランキング  にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ  人気ブログランキングへ
 

 
スポンサーサイト
[ 2015/12/31 15:08 ] 横浜DeNAベイスターズ | TB(0) | CM(0)

【横浜】梶谷センターコンバートでチャンスを掴もうとする選手たち


 ■高いレベルでの右翼手争いを

 荒波 AVG.298 OBP.354 SLG.463 OPS.817
 松本 AVG.274 OBP.329 SLG.384 OPS.713
 井手 AVG.255 OBP.275 SLG.449 OPS.723
 下園 AVG.284 OBP.354 SLG.378 OPS.732
 乙坂 AVG.226 OBP.276 SLG.339 OPS.615


 やはり右翼手の大本命は、ルーキー時代から順調にオフェンス面のセイバー指標が右肩上がりの荒波です。ここ2年はハムストリングス系のトラブルと戦い続けた彼は、もはや中堅手をダイナミックに守っていた頃のコンディションを維持することが極めて難しくなっており、将来的にも両足が元の状態にまで回復することはないと本人も語っています。それでも必要不可欠な、絶対的な存在である彼をできる限りケアするためにも、来季以降は、繰り返しのスプリントが他よりも圧倒的に多い中堅手に別れを告げ、負担が少ない右翼手を主な働き場所として貰いましょう。もしベイスターズがCS争いを終盤まで行いたいのであれば、筒香、梶谷、荒波の3枚が故障せずにフルシーズン揃い続けるというシビアな条件が求められます。
 今年、50試合の出場機会を掴み取った乙坂も、来年が楽しみな選手のひとりです。ラミレスが期待の選手と早々に名を挙げた21歳は、6月、7月と頼もしいパフォーマンスを見せてくれました。最終的に打率は.226と外野手としてはだいぶ物足りない数字に落ち込んでしまった一方で、実質的な一軍初定着で本塁打を3つ記録したことはとても立派です。183cm、80kgとサイズの大きさも魅力のひとつで、一軍に残るための器用さを求めるのではなく、スケールを広げていくように荒削りなまま育てていって欲しい。
 ただし、課題のディフェンス力があまりにも力不足で、正直、現状ではレフトを任せるのすら怖さを覚えてしまいます。梶谷の右翼手起用に固執し続けた今年と異なり、来季は“3番目の席を狙う”多くが右翼手として出場機会を与えられるはず。当然、乙坂も右翼手での出番が増えていくでしょう。今年のように適性がないセンターを守るケースは極端に減ると予想できますが、ライバルである松本や関根、井手と競うためにも、ある程度の安心を持って右翼手を任せられるような最低限の守備力を身に付けないといけません。
 ポテンシャルの高さは誰しもに認めながらも、長年ブレイクしそうでブレイクできないといった状態が続いた松本は、皮肉にもかつて絶好調時の自分よりも優先されていたラミレスの下でラストチャンスに臨むことになります。ベンチで率先してリーダーシップが取れる彼の場合、貴重な左の代打として計算できたり、外野の3ポジションを平均的に守ることができる点から、桑原と並んで常に一軍に居続けて貰わないと困るのですが、長年もどかしい状態を見続けたファンとしては、今年こそスタメンに近い位置でシーズンを戦い抜く松本の姿が見たいです。戦力として必要不可欠故にトレードに出されることはまずないでしょうが、フェアなスタンスでスタメン争いができるのも来年が最後だと思います。思い切りが良いバッティングは今年で一皮むけた印象を受けました。
 代打の切り札としての自覚を持ち始めたと語る下園も、やはり代打ではなくスタメンで見たい選手です。守備能力以外に特別な穴はなく、ただその守備能力の低さが特別に問題視されており、去年は右翼手に梶谷が固定されていたことからも、下園がスタメンで試合に出られるポジションがないという環境になっていました。それでも、OBPに強みを持つ彼がオーダーに名を連ねていると打線に明確なメリハリが生まれるのも事実。
 4打席継続して打席を与えることで、安定して1~2度の出塁を期待できる選手です。機動力の物足りなさ故に上位打線を任せることは難しいかもしれませんが、ようやく右翼手のポジションが空いた今、スタメン争いを演じるチャンスが下園にも巡ってきています。難しい球に手を出さず、叩ける打球を確実に叩いていく下園のスタイルとしては、ポイントゲッターとしての6番が似合います。
 
 
                         


 右翼手が空いたことで、今年は去年以上に楽しみです。

FC2ブログランキング  にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ  人気ブログランキングへ
 
[ 2015/12/26 20:52 ] 横浜DeNAベイスターズ | TB(0) | CM(0)

【横浜】データ上は守備に言われるほどの問題なし、ジェイミー・ロマックに期待しよう



 ■ジェイミー・ロマック

 2013 AVG.242 OBP.322 SLG.461 OPS.783
 2014 AVG.280 OBP.335 SLG.538 OPS.873
 2015 AVG.284 OBP.363 SLG.549 OPS.912


 近年、深刻な三塁手不足に悩まされているMLBとあって、NPBへのロマック流出というニュースを知ったファンからは驚きと嘆きの声が挙がっていたそうです。ロマック自身、MLBから複数のオファーが届いていたと述べ、その中から敢えてベイスターズを選んだとのこと。逃げ道を断つために家族をアメリカに残しての単身赴任を決意し、日本でキャリアを終える腹積もりだと真摯な言葉を続けており、たとえNPBに適応できなくても応援し続けたいという印象を受けました。
 サイズは185cm、100kgとかなりガッシリとしていながらも、アジリティーの高さも兼ね揃えており、懸念されている守備率の低さは、守備範囲を広く取るタイプであることが一因とされています。その特徴故に、今年はプラスの意味でセカンドの守備機会も与えられています。

 ロマック(2015/PCL) 97刺殺 245補殺 26併殺 守備率950 RF/G2.36 UZR---
 バルディリス(2015/NPB) 95刺殺 195捕殺  9併殺 守備率.985  RF/G 1.93 UZR -9.5 
 レアード(2015/NPB) 86刺殺 249捕殺 18併殺 守備率.952 RF/G 2.37 UZR 4.5

 
 リーグの違いはありますが、今季の成績で言えばイメージは攻守に渡ってレアードに近いかもしれませんね。ロマックもクラッチヒッターの面があるようですし。なかなかに多い併殺数も、併殺プレーはセカンドに大きく依存するとはいえ、少なくともARMに問題がないのは確かです。

 スタイルとしては確実性よりもOBPやSLGで稼ぐタイプですので、序盤から中盤にかけてラミレスがどこまで我慢できるかが勝負になるのではないでしょうか。しばしばPCL出身者の傾向が悪い意味でピックアップされますが、同じ外国籍であり、指導能力に長けたラミレスがコーチとして現場にいる以上はそのようなデータもあまり気にする必要もないと思います。

                         


 早く実戦方式でロマックが見たいですね。

FC2ブログランキング  にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ  人気ブログランキングへ
 


 
[ 2015/12/23 00:16 ] 横浜DeNAベイスターズ | TB(0) | CM(2)

【横浜】来季こそは二遊間争いに一定の成果を


 ■センターライン強化に向けて

 慢性的に足を痛めている荒波の負担軽減や、課題になっているセンターライン固定に向け、今年のオフに梶谷のセンター転向がスタートするのではないかなと予想していたのですが、なんだか本当にそうなりそうなので、残るセンターラインのポジションについて軽い雑感。
 今日は遊撃手。倉本はセカンドの項で触れます。


 白崎 AVG.225 OBP.269 SLG.368 OPS.636 UZR-0.1
 松井 AVG.224 OBP.250 SLG.345 OPS.595 UZR-2.0(推定)
 倉本 AVG.208 OBP.244 SLG.249 OPS.493 UZR-10.1
 山崎 AVG.103 OBP.188 SLG.138 OPS.325 
 


 高田GMは「打率で.250打てればいい」と語っていましたが、正直、打率ではなくOPSで.680~700くらいはマークしないと厳しいのがセ・リーグの遊撃手です。UZRが+5.0くらいあれば、OPS.650でも許容できるかなというところ。
 ディフェンス面に関しては倉本ひとりが極端にまずかっただけで、失点のファクターが遊撃手そのものにあるとは思いませんが、個人的には山崎の大不振がチームにそこそこの影響を与えたのではないかなと。一昨年の中日戦(ナゴヤドーム)でしたかね。守備イニング時に足を挫いて以来、攻守に精彩を欠いているような印象を受け、下半身の踏ん張りが効かなくなったのか、とりわけ山崎の持ち味だった送球の安定性が失われてしまったのは気掛かりです。バッティングは右打ちを強く意識し始めてから狂ってしまいましたか。
 ここ数年のベイスターズの遊撃手では、――範囲こそ決して広くないが――間違いなくトップクラスの名手ですし、彼をグラウンド上に置いておくだけで些末なミスが減ることからも、若手が多い内野陣にとって教科書になれる大切な存在ですし、また山崎自身もそうした役割を自覚していると思います。来季は、アマチュア界NO.1の守備力と謳われる柴田の加入や、ファームの正遊撃手として切磋琢磨してきた百瀬の成長と、ますます若手が台頭してくる可能性があります。次々に一軍に上がってくる若い力に負けないよう、そしてそうした若手の支えにもなれるよう、2013年の働きを取り戻して貰いたい。スタメンで試合に出れば頼もしく、ベンチに控えているとなれば競争力の向上に繋がる――そういう存在になってくれればベストです。ベイスターズは、ちょうど山崎の世代が育たなかったことが、現在の低迷期を招いていると言われているだけに、外野の松本ともども一花咲かせて欲しいですね。
 松井(飛雄馬)は地味なサプライズになりました。ドラフトは下位指名、二軍での下積み期間が長い選手でしたが、今シーズンは白崎の出遅れもあり、一軍出場は60試合弱に達しています。一年前がたった4試合、それも消化試合での出場だっただけに彼にとっては飛躍的なシーズンになったのではないでしょうか。バッティングもOPS.600に若干届かない程度と、今年本格的に一軍に定着し始めた選手としては悪い数字ではないと思います。
 守りの面では、不慣れな三塁守備でミスを犯してしまった日もありましたが、彼自身の身のこなしは決して悪くはなく、冷静さや落ち着き、詮ずる所の“メンタリティ”の成長さえ順調に重ねていけば、二遊間選手としてブレイクする可能性は十分あります。好プレーもいくつかありました。ただし、遊撃手として重要な「身体を反転させながらの送球」が、真正面から打球に入った時と比較して極端に威力を落とす点を鑑みると、どちらかといえば二塁手向きの選手かもしれません。幸いにも、長らく内野守備が不安定だった主因とされてた馬場がようやくコーチ職から退任したため、新しく就任した万永コーチのもとでもう一年遊撃手として見たい気持ちがあります。バッティング時の、どんな打球にも食らいつこうとする直向な姿は見ていて頼もしいものがありました。いかにも叩き上げらしい闘争心あふれる姿ですね。
 ひとつ成長し、またひとつの壁に当たってしまったのが白崎です。二塁手、三塁手と極端な地蔵型故にここ2~3年遊撃手が多大な犠牲を払い続けていましたが(※しかも二年目はコーチの数が足りていない有様)、大学4年目にまともに遊撃手を守った程度の選手が、プロで最難関と言える遊撃手でUZRほぼプラスマイナスゼロまで持ってきたのは結構凄いことです。今後のチーム作りの助力になる大きな追い風になります。来季は、守備率は低いながらもフットワークが軽いロマックが三塁手に、守備範囲、ハンドリング技術ともに申し分がない山下が二塁手に定着できれば、遊撃手にとって最大の悩みの種である体力面での負担が相当軽くなり、セイバー推移的にも攻守のレベルがワンランク上がるはずです。
 今季の課題になっていた得点圏での大人しさは、ラミレスが克服の助けになれるとブレイクへの自信を見せており、去年、一昨年と今年ほど悪くない数字だったことからもあまり気にする必要もないかなと。白崎本人が「吹っ切りました」と8月末に語って以降、バッティングもそれなりに良い水準に安定し、一年前の早打ち指令で石川ともども壊れてしまったバッティングスタイルも復調し始め、9月はIsoDが本来の彼らしい数字に回復しています。

                        


 柴田も早く見たいですね。

FC2ブログランキング  にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ  人気ブログランキングへ
 

[ 2015/12/20 15:18 ] 横浜DeNAベイスターズ | TB(0) | CM(0)

お久しぶりです

 
 お久しぶりです。
 あまりにもプライベートが忙しすぎて、ほぼ一年ほどブログをほっぽらかしておりましたが、2016シーズンに照準を合わせてまたブログを復旧させていきたいと思います。
 それに伴い、過去記事の一斉整理や、ソーサとバルが並んでいたトップバナー(→遊撃軍に)も変更しました。
 これからはまた昔のようにホソボソと更新しておこうと思いますので、よろしくお願い致します。
                        


 ではまた次の更新にでも。

FC2ブログランキング  にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ  人気ブログランキングへ
 
[ 2015/11/23 17:25 ] 横浜DeNAベイスターズ | TB(0) | CM(0)
ぷろふぃーる

中の人。


 「一年間安定して戦い抜くことができるような戦力の底上げが必要ですね。野手は、山崎、下園、松本といった中堅ベテラン層に期待しています」

 

ブログランキング

 ポチって頂けると更新の励みになります。
 
FC2ブログランキング

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

人気ブログランキングへ