それでもやっぱりハマが好き 【横浜】データ上は守備に言われるほどの問題なし、ジェイミー・ロマックに期待しよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【横浜】データ上は守備に言われるほどの問題なし、ジェイミー・ロマックに期待しよう



 ■ジェイミー・ロマック

 2013 AVG.242 OBP.322 SLG.461 OPS.783
 2014 AVG.280 OBP.335 SLG.538 OPS.873
 2015 AVG.284 OBP.363 SLG.549 OPS.912


 近年、深刻な三塁手不足に悩まされているMLBとあって、NPBへのロマック流出というニュースを知ったファンからは驚きと嘆きの声が挙がっていたそうです。ロマック自身、MLBから複数のオファーが届いていたと述べ、その中から敢えてベイスターズを選んだとのこと。逃げ道を断つために家族をアメリカに残しての単身赴任を決意し、日本でキャリアを終える腹積もりだと真摯な言葉を続けており、たとえNPBに適応できなくても応援し続けたいという印象を受けました。
 サイズは185cm、100kgとかなりガッシリとしていながらも、アジリティーの高さも兼ね揃えており、懸念されている守備率の低さは、守備範囲を広く取るタイプであることが一因とされています。その特徴故に、今年はプラスの意味でセカンドの守備機会も与えられています。

 ロマック(2015/PCL) 97刺殺 245補殺 26併殺 守備率950 RF/G2.36 UZR---
 バルディリス(2015/NPB) 95刺殺 195捕殺  9併殺 守備率.985  RF/G 1.93 UZR -9.5 
 レアード(2015/NPB) 86刺殺 249捕殺 18併殺 守備率.952 RF/G 2.37 UZR 4.5

 
 リーグの違いはありますが、今季の成績で言えばイメージは攻守に渡ってレアードに近いかもしれませんね。ロマックもクラッチヒッターの面があるようですし。なかなかに多い併殺数も、併殺プレーはセカンドに大きく依存するとはいえ、少なくともARMに問題がないのは確かです。

 スタイルとしては確実性よりもOBPやSLGで稼ぐタイプですので、序盤から中盤にかけてラミレスがどこまで我慢できるかが勝負になるのではないでしょうか。しばしばPCL出身者の傾向が悪い意味でピックアップされますが、同じ外国籍であり、指導能力に長けたラミレスがコーチとして現場にいる以上はそのようなデータもあまり気にする必要もないと思います。

                         


 早く実戦方式でロマックが見たいですね。

FC2ブログランキング  にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ  人気ブログランキングへ
 


 
[ 2015/12/23 00:16 ] 横浜DeNAベイスターズ | TB(0) | CM(2)
私も期待しています
初めて投稿いたします。

管理人さんに同感です。
軸がブレない、早いスイングにものすごい長打力。メジャーでは引っ張らずに右方向へヒット。
三塁での守備力ま年々上がっていて、二塁まで守る意欲。
ラミちゃん監督がいるので補正も効くでしょう。
何より最近の顔付きがすごくいい。まるでかつて在籍した最強四番のあの人を彷彿させます。
早く実戦でみたいですね。
[ 2015/12/26 19:06 ] [ 編集 ]
Re: 私も期待しています
 >義人さん
 私はMLBに疎く、もちろんロマックに関してもあまり知識はないのですが(※流石に映像やデータを集めて調べましたが)、本人の意志と指標データを見るとどうしても期待しています。
 ノリ→バルへのスイッチで極端にサードの守備範囲が狭まり、ここ2年は遊撃手――主に白崎の負担が激増していただけに、人並み程度に守備範囲が広そうなロマックが活躍できるか否かが文字通りの鍵になると思います。アジリティが高いのも良いですね。
 守備率は世間様が騒ぎ過ぎではないかなと。
[ 2015/12/26 21:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ぷろふぃーる

中の人。


 「一年間安定して戦い抜くことができるような戦力の底上げが必要ですね。野手は、山崎、下園、松本といった中堅ベテラン層に期待しています」

 

ブログランキング

 ポチって頂けると更新の励みになります。
 
FC2ブログランキング

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

人気ブログランキングへ